女性

小陰唇は手術で縮小できる|今まで悩んでいたことを解消しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

手術内容を知る

座る女性

小陰唇のサイズが大きくて生活に支障が出ているという人は、すぐにでも縮小手術を受けたほうがいいでしょう。生活に支障が出ているという症状というのは、座った時にこすれて痛い、違和感がある、きつめのパンツを着用した時に痛い、生理用のナプキンがこすれて痛い、おりものが増えてきたなどといったことです。こういった症状を放置していると、小陰唇の部分が炎症してしまって菌が入って感染症などにかかってしまうこともあります。ですから、このような症状が出ている場合はすぐにでも縮小手術を受けたほうがいいでしょう。ですが、小陰唇というのはとてもデリケートな部分になりますので、どんな手術なのか気になりますよね。なかなか手術に踏み出せないという人は、まずどういった手術内容なのかを知っておいたほうがいいでしょう。

小陰唇を縮小する手術は、主に切除手術になります。大きくなっている部分を切除することで、サイズと形を整えられるようになります。サイズと形が整えば、今まで悩んできた症状を改善して快適な生活を過ごせるようになります。しかし、小陰唇は切除しすぎてしまうのも他のトラブルが起こってしまう可能性が高いです。それに、病院によって抜糸が必要なのか必要じゃないのかというのも分かれます。後日抜糸が必要な場合は、再度病院へ行って適切な処置を受けます。この場合、手術の経過を確認してもらえるのでしっかりと改善されているのか医師に診てもらいたいというのなら良いでしょう。ですが、もう一度病院へ行くのは避けたいと考えているのなら抜糸がいらない溶ける糸を使用している病院を選びましょう。どちらにしても、医師の腕というのは大事ですから、事前に実績のある病院かどうかを確認することは忘れないで下さい。